超おすすめ!英語リエゾン解説教材の動画を紹介

英語におけるリエゾンを勉強したい方におすすめのリエゾンが詳しく解説された動画をご紹介します。

今回ご紹介する動画は、プライムイングリッシュの開発者であるSummer Rane(サマー・レイン)先生がアップされている動画です。

サマー先生は笑っていいとも!の発音王コーナーに出演されていた経歴があり、日本語もペラペラ。

なんと6カ月で日本語をマスターした経験をプライムイングリッシュでの英語学習に活かしているそうです。

そんなサマー先生がYOUTUBEにアップしているリエゾンの解説動画があります。

サマー先生の解説とともに、アメリカ人が実際にどのように発音しているかネイティブの英語を聞くことができます。

〇知らないと困る Wanna!Want toの音声変化《サマー先生の英語発音講座#10》(プライムイングリッシュ・サマー レイン)


こちらの動画は、want to(~をしたい)の音声変化について解説しています。ポイントとなる単語はこの2点。

want to (ウォントトゥ)→ wanna(ウォナ)

go to(ゴウトゥ)→(ゴウダ)

この2つを使ったフレーズがこちら。

I don’t wanna go to work tomorrow.

(アイ ドン ワナ ゴウダ ウォァク タマゥロゥ)

音声変化のルールがこのようにカタカナ表記されていますので、これを読むだけでサマー先生のようなリエゾンを意識したスムーズなネイティブ英語で発音することができます。

「明日仕事に行きたくない」はなかなか使えそうなフレーズですので、習得していて損はないですね。

他にもサマー先生がリエゾンを説明しているおすすめしたい解説動画が多数ありますので、ぜひご覧ください。

綺麗なサマー先生の分かりやすいリエゾンの解説動画ですが、プライムイングリッシュの会員になると完全版を見て学習することができます。

フレーズの具体例から発音の方法、ルールの説明をされていますが、過去形の場合はどうかといった発展した内容魔で説明してくれます。

これらの動画を見てもっと英会話を上達させたいと思った方は、ぜひプライムイングリッシュの英語教材で学習を始めてみましょう。

ネイティブの英語を聞き取れない理由のひとつは、日本人にありがちなフレーズが文章化されて思い浮かんでしまうということ。

聞いたフレーズをそのまま真似をして反復練習することで身についていきます。

「全ての単語をきちんと言わなくちゃ」と頭で考えてしまっているため発音がなかなかネイティブに近づかない原因になってしまっています。

プライムイングリッシュでは、実際のネイティブの発音を学ぶことができ、英語のリエゾン、音声変化のルールを習得し、参考書で独学しても身につかなかったリスニング力とスピーキング力をアップさせてくれます。

14日間返金保証付きなのでリスクゼロからスタートすることができますよ。

詳しくは以下の記事を見てくださいね。

リエゾン上達におすすめの英語教材『プライムイングリッシュ』ってどんな教材?